農業リモートセンシング

ドローンによる農業リモートセンシングサービス

近赤外カメラを搭載したドローン等で水稲・畑作・草地・森林を空撮し、データ解析を行うことで、
作物や森林の生育状況や品質、病気エリアを特定し色分けしたマップにしてご提供するサービスです。
ドローン空撮サービス(固定翼機・マルチコプター)もあわせサービスをご提供致します。

近赤外外画像との相関マップの表示例    (7月小麦畑)

フォールスカラー画像       植生指数マップ

葉色相関マップ               千粒重相関マップ

病域エリアと倒伏面積の表示例    (7月小麦畑)

小麦立枯れ病の面積算出例(7月小麦畑)

解析マップ(以下は葉色マップ例)は、QGIS(フリーソフト)で管理できます。

QGISを使えば、圃場マップ上の距離計測、面積計測、位置確認ができます。