水田(水位・水温)センサ

水田 モニタリングシステム

機能

1.親機と無線子機(水位・水温センサ収容)の構成により、親機周辺の複数水田に無線子機を設置することで
通信・機器導入コストを抑えて導入できます。
2.水位・水温センサで計測し、無線通信で親機経由でクラウドにデータ蓄積。インターネット経由、スマート
フォン・PCでから水位・水温をどこからでも監視できます。
3.水位、水温はアラーム設定により警告メールを送付
4.汎用部品、Iot専用ネットワーク利用により徹底したローコスト化を実現

目的

1.水田の見廻り作業の軽減化により農作業の省力化
2.病害虫・低温または高温障害を未然回避により収量増加

概要

仕様

クラウドサービス

設置例

①親機(ソーラシステム)

3Gモバイル搭載のクラウド送信機

②無線子機

水位と水温を数分間隔(ソーラタイプは10分間隔または2分間隔)で親機に送信します