事業概要

会社方針
農林水産業のお客様向けに、最新のICT技術(センサ、センサネットワーク、
リモートセンシング、ドローン)を利用して、農地やハウス内の環境情報を、
近赤外カメラやセンサネットワークによりクラウドにデータ蓄積を行い、意識
決定支援を行うシステム開発とサービスのご提供をめざしています。

CEOメッセージ
合同会社アグリセンシングは、農林水産業に携わるお客様に対し、ITC技術
を活用したシステムやサービスをご提供することで、お客様の事業が、省力化、
高生産性による増収・増益を達成し、魅力ある産業として持続的に維持ができる
様、貢献する事をめざしています。現在、農林水産業の従事者の高齢化と後継者
不足が大きな問題になっています。この様な状況において、農業では、新規就農者
や法人農家もでてきていますが、栽培ノウハウの修得が課題となっています。
このため、高い生産性技術を持つ農家や大学・研究所のノウハウを蓄積し伝授する
ため、可視化によるデータ蓄積をおこない、意志決定支援を行うナレッジシステム
やサービスの提供が求められています。これら課題に対し、我々は、非接触で環境
情報を自動的にデータ収集を図る各種センサ(3D画像センサ・環境計測センサ)
、センサネットワーク、クラウド、リモートセンシング技術に着目し、営農を強力
に支援するシステムを大学や研究機関と共同研究をおこないシステム開発とサービス
のご提供をめざしています。