遠隔モニタリング

 農業マルチセンシングとクラウドサービス

ほ場やハウス内の多地点の状況(温度・湿度・日射量・
・照度・土中温度・土中 水分・EC・CO2等)が、
いつでもどこでも、スマートフォンやタブレット、P
C等からモニタリング、データ分析できるサービス
です。

■特長

・マルチセンシング、ネットワーク活用によるシステム
親機と各種センサを収容した無線子機の構成により、無線子機は多地点設置が可能です
。無線子機は電池式で2分間隔で計測しても最長1年以上交換が不要です。
・徹底したローコスト化を実現
クラウドと接続する親機(クラウドゲートウェイ)はRaspberry pi、無線送信機、受信アン
テナ、センサは汎用部品を使用、3G通信回線はIot専用ネット利用により、ローコスト
化を実現しました。初期費用、保守費用が大変安価に済みます。→価格表
・各種センサを自由に選択して接続可能
必要なセンサは、無線子機のプラグにジャックインして使用するので初期コストを抑
えて導入できます。

■概要

各種センサ(温度・湿度・土中温度・土中水分・EC・CO2・日射量)と無線ネットワーク
、3G通信を活用してクラウドにデータを蓄積し、モニタリング・監視・分析が、スマート
フォン・タブレット・PC  で行えます。また、営農日誌管理機能(現在β版)と連携するこ
とで、作業計画・実績管理を総合的に支援します。

  ■ハードウェア

1.親機(3Gモデム)と無線子機

親機(クラウドゲートウェイ)は、電源と接続するだけで自動稼働します。無線子機
は電池(単3電池2本)で約1年間稼働し、必要な場所に多数設置できます。

2.親機(クラウドゲートウェイ)

無線子機からのデータを無線で受信し3G通信やWiFIネットワークにより2分間隔
で、クラウドへデータ送信します。無線アンテナ(防水仕様、3mコード)付

3.無線子機

無線モジュール搭載、温度・湿度センサ・放射シェールド標準添付、単3電池2本使用
(防水仕様)

4.各種センサと無線子機

サーミスタ温度センサ・日射量・CO2・土壌水分(体積含水率)、土中温度、
ECセンサはオプションです。自由に選択でき、無線子機のプラグにジャックイン
するだけですべて 接続できます。サーミスタ温度センサは、防水仕様のため地中に
埋めることで土中温度も計測できます。

※各種センサは、精度の高い製品を使用しています。
①温度・湿度センサ(標準搭載)
・測定範囲:-40~+125℃,0~100%RH
・精度:温度±0.3℃ 湿度±2%RH
②CO2センサ(オプション)
・測定範囲0~5000ppm、精度±30ppm ±3%rdg
③土壌センサ(オプション)
・体積含水率(VWC) 精度±5%
・電気伝導度(EC)  精度±5%
・温度 精度±2℃
④日射量センサ(オプション)
・波長範囲 約400 [nm] ~ 約700 [nm]
・出力 0~1 [V] (0~1 [KW/㎡] )
・精度 ±10 [%]

土壌センサは防水仕様です。


5.中継機

中継機を設置することで無線通信エリアを広げることができます。

6.ソーラーとクラウドゲートウェイ

電源・インターネット設備がない圃場では、ソーラーとバッテリーを設置し稼働
します。温度・湿度・日射量センサは10分間隔でクラウドへデータを送信でき
ます。

 ■農業クラウドサービス

1.センサモニタリング

各種センサ(温度・湿度・土壌・CO2・照度等)のデータをクラウドで管理し、いつ
でもどこでもPC、タブレット、スマートフォンで参照でき、温度変化による警報メー
ルを 送信できます。グラフ処理は様々な角度(センサ別、子機別、当日、積算気温他)
から表示ができます。また、センサ情報は営農日誌管理機能と連携し、センサ情報ばか
りでなく簡易気象観測システム、月齢情報を参照しながら計画検討ができます。

現況状況

全センサグラフ             子機比較グラフ

2.営農日誌
日誌カレンダ上に表示される各種センサ情報と月齢情報を確認しながら、作業計画登録
と実績登録(作業時間、機械使用状況、肥料投入、農薬散布、収穫情報、生育情報等)が
おこなえるので、最適な作業計画の立案や作業実績の分析が行えます。(β版にてご提供中)

3.スマートフォン照会
スマートフォンで4時間前からの各種センサ情報をグラフや一覧表で照会ができます。


■設置事例

1.ニセコ町 S農園様
育苗ハウス2棟に、温度、湿度、日射量、土中温度、土壌水分率センサを設置し、3G通信
でクラウドにデータを収集し温度監視を始めました。

 

2.栗山町 O農場様
2箇所の飛び地にあるいちごハウスに、親機(クラウド通信機)と無線子機(温度、湿度、
CO2、土壌水分率、土中温度、ECセンサ含む)を設置し、3G通信でクラウドにデータ
収集を始めました。設置移動を容易にするためケースに電源、各センサ、無線モジュールを
集約しました。

3.函館 S農園様
ハウス1棟、2か所にセンサ(温湿度、日射量、CO2、土壌水分)を設置して、3G通信
でデータを収集しました。冬季間の暖房設備の監視等で利用されました。

4.ニセコ町 H農園様

圃場、飛び地にあるハウス2棟、醸造所、醸造タンク等に無線子機を設置し、3G通信で
データを 集め監視をおこなっています。

5.栗山町 J農場様
全10棟ハウスに温度・湿度・土壌水分・土中温度・EC・CO2センサを設置しました。
1分間隔でデータを集めて、クラウド経由、PC・スマートフォン等で各ハウス内の状況が
確認できます。